UR-RT2の音を試してみる

オーディオI/O スタインバーグUR-RT2の音を試してみます。

基本録音環境

主な録音環境です。

AKG414
GAP マイクプリ
GAP EQ
GAP COMP
UR-RT2
Cubase

GAPとはGolde Age Projectというニーブクローンメーカーです。
そこのプリアンプを使用しています。

UR-RT2の環境

UR-RT2の録音環境

AKG414
UR-RT2
Cubase

このような環境で録音をしました。

結論

ドライでありながら風味を感じる印象。
基本的な録音環境の方が良すぎて
気の抜けた音に感じるかもしれません。

しかし、他のオーディオI/O直接でのレコーディングは
もっとドライで聴き応えのない音であることはお伝えしたい。

トランスフォーマーノブを回すと
ややデジタル臭を感じますが
それでもルパートニーブっぽい明るい滲みを感じます。

エフェクトで加工も考えると
この辺りのシンプル感が限界かもなとおも思いましたが
スタインバーグの安心感もあり
とても良かったと感じています。

関連記事

  1. 映像制作向けデスクトップとラップトップどっちが良いの問題

  2. ストーリーはもう古い、新しい物語の活かし方

  3. 返信率25%以上を獲得したDMリストの作り方

  4. クリエイター向け、パソコンの性能を知る方法

  5. Canon 5Dmk3 ホワイトバランスの設定

  6. 映像クリエイター向け、自分自身の「売り」を見付ける方法

  7. マイクの指向性とは

  8. クリエイター向け賢い買い物論

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP