UR-RT2の音を試してみる

オーディオI/O スタインバーグUR-RT2の音を試してみます。

基本録音環境

主な録音環境です。

AKG414
GAP マイクプリ
GAP EQ
GAP COMP
UR-RT2
Cubase

GAPとはGolde Age Projectというニーブクローンメーカーです。
そこのプリアンプを使用しています。

UR-RT2の環境

UR-RT2の録音環境

AKG414
UR-RT2
Cubase

このような環境で録音をしました。

結論

ドライでありながら風味を感じる印象。
基本的な録音環境の方が良すぎて
気の抜けた音に感じるかもしれません。

しかし、他のオーディオI/O直接でのレコーディングは
もっとドライで聴き応えのない音であることはお伝えしたい。

トランスフォーマーノブを回すと
ややデジタル臭を感じますが
それでもルパートニーブっぽい明るい滲みを感じます。

エフェクトで加工も考えると
この辺りのシンプル感が限界かもなとおも思いましたが
スタインバーグの安心感もあり
とても良かったと感じています。

関連記事

調べる技術
アダムグラント「ギブ&テイク」を動画クリエイターが活かすには
クリエイター向け営業戦略〜知人編〜

実践を経験しながらワンオペの
動画クリエイターになりたいという方にオススメです。

営業力を鍛えるための方法も紹介します。

制作する技術+自分を売る技術
セルフブランディングの方法を学べます。

ノウハウは学校のように
授業形式で学ぶものではないです。

自分自身に危機感を感じながら
実践を踏まえる事で代えがたい経験となるからです。

その実戦経験を積みながら自分の生きる術を学んでみませんか?
動画クリエイターズスクール

関連記事

  1. 動画クリエイターのための音を良くする機材選び

  2. お客様ファーストを動画クリエイター視点で考える。

  3. 映像クリエイター向け営業戦略〜一般向の企業向け〜

  4. メンタリストDaigo氏も言うポジティブドラッグの危険性について

  5. センスを磨く方法

  6. 動画クリエイターとして生きて行く

  7. ストーリーはもう古い、新しい物語の活かし方

  8. ノウハウを持つという状態

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP