観光プロモーション動画を作るポイント

観光プロモーションに力を入れたい。
コロナが終息後に加速させたい。

今回は観光をもう一度期待させるための
アイデアの創出を考えていきたいと思います。

得する人
・観光振興担当者
・動画クリエイター

得する内容
・観光のプロモーションが分かる
・観光プロモーションの課題が分かる

観光プロモーション動画とは

観光プロモーション動画とは観光向けのプロモーションPR動画です。
観光の目的はその地域に流動人口を増やし
経済循環を活性化するのが目的になります。

主には他地域の人に対してアピールする形になり
魅力的に映らなければなりません。

そのために多くの動画は美しさを重視した内容のものが多くあり
その中で、コンテンツとなる観光施設や宿泊施設などが
紹介される形式
が多く見られます。

何をみせていくか

観光プロモーション動画は
どの範囲をプロモーションするかが重要になります。
範囲は地域ではありません。

観光プロモーションの見せる部分の範囲になります。
どこまで踏み込んだ見せ方をするかに近いかも知れません。

何故なら、観光のプロモーションは
宿泊、食事といった商業施設と密接に関係しているためです。

視聴者の目線にどこまで寄り添う形のプロモーションをしていくか
決めて行くのが良いでしょう。

ターゲティング

そのために大切なのがターゲティングになります。
ターゲティングとは特定の視聴者層に絞り混むことです。

ターゲットを設定することで、特定の層に響くような設計ができます。
範囲を狭めることで動画の情報に統一感が生まれメッセージ性が高くなります。

ターゲットを選定する時には細かな人物設定まで出せるくらいの要素まで
絞り混むが良いでしょう。
これをペルソナといいます。

ペルソナに必要な要素

観光プロモーション用ならば
下記の要素が入れて検討してみてください。

ペルソナの要素
・既婚者/未婚者
・子供の有無
・車の所持の有無
・年収
・仕事

上記の要素は行動と消費に関する要素をピックアップしています。
その他、趣味などもありますが地区の観光資源リソースと新しいものがあれば
その要素も入れて設計していくのも良いでしょう。

リソースを出す

リソースとはプロモーション先の場所にある観光資源です。
観光のプロモーションではどこまでをPRするかなど
ある程度決まっているはずです。

ペルソナの設計と観光地のリソースを出すのは
同時作業で進めましょう。

観光資源は多角的な視点で出す事をオススメします。

参考例
・文化資産
・宿泊先
・食事
・レジャースポット
・体験イベント
・景観
・経路
・インフルエンス性

リソースには土地の良さもありますが文化的価値も重要な資産です。
文化的価値の中では古城などの施設が目に留まるかも知れません。
しかしそれだけではない、文化的価値を発掘するのが大事です。

例えば、古墳などです。あまり注目されていませんがこのような
遺跡も文化を残すだけではなくストーリーとして紡ぐ事ができれば
面白さとなり、独自性となります。

その他、歴史の中心人物以外の人物に焦点を当てた史跡
ピックアップするのも重要です。

テレビ番組のように歴史を掘り下げながら
ストーリーが展開されると面白さが生まれ
新しい広がりが出来るでしょう。

ドラマや映画、アニメの舞台となった聖地巡礼型も
活用方法によって集客価値
はあります。そのような近代に
目を向けておくのもよいでしょう。

ペルソナとリソースのペアリング

観光地の持つリソースの中で活きるペルソナを探しましょう。
例えば、未婚の女性一人旅をテーマにした場合、どんなリソースが
マッチングしているか大事です。

一人旅の目的などんな目的になるでしょうか。
仕事のでの疲れを癒やすために
可能な限り人に会わない静かな旅でしょうか。

それとも現地の人や旅先での仲間との
新しい出会いと体験を求めているのでしょうか。
もしくは明確な目的があり
趣味に生きている人かも知れません。

一人旅にも様々な方向性があります。
その中で、この地域は誰のどんな
目的にマッチしているかが重要になります。

参考の方法としては
旅行代理店の旅行プランが参考にするのも良いでしょう。
しかし旅行代理店の場合は、コンセプト中心になったり
間口が広いタイプのプランもあるため
プランだけを参考にするのは避けましょう。

プロモーションとして何を見せているか。
ペルソナに何を提案しているか。
そのような視点で見ると参考になるはずです。

次の観光プロモーション

観光地資源だけでプロモーションする時代は限界がきている印象です。
理由は少子化と多様化です。
少子化は人口がそもそも少なくなりそれぞれの地域で
取り合いになりつつあるところです。

数十年前は
有名だから、新しくできたから、面白うだから。
そう言った社会的注目によって
観光のプロモーションが出来ていたと思います。

この場合、飽きが早く来るため一回きりというパターンに
なりやすいリスクがあります。

少子化で顧客の取り合いになる事を想定すると
リピートを常に考えておいた方が良いでしょう。

リピートを得るためには
「もう一度行きたい」「そこにしかない」という提案
していく必要があります。

一つの方法として子供満足
というのがあると思います。

家族旅行の場合、決裁権は両親が持っています。
すると決裁権を持っている両親のメリットを考える必要があるでしょう。
その両親が得たいのは家族の時間や子供の笑顔なのではないでしょうか。

「子供がまた行きたい」と笑顔で言われればもう一度行こうか。と考えてしまう。
そんな提案がプロモーションに含まれているだけで価値になると思います。

既視感との戦い

観光プロモーションで考える必要があるのはライバルの存在です。
とくに動画の場合、ファーストインプレッションの感想が大切です。
どこかで見た事があるような内容の場合、記憶に埋もれてしまいます。

プロモーションの場合は、それを避ける映像演出をするのが必要になります。
その映像演出をしていくためには、先ほどのターゲットや目的だ重要になります。
ターゲットにどんな観光をしてもらいたいか。
それを再現するための動画演出としていくのが理想です。

ペルソナとリソースのペアリングが重要になり
そこでの落とし込みを十分に検討していきましょう。

動画を作りたい時

観光プロモーションも企画が重要な要素になってきました。
他とは違い、地域と内容がマッチしたものを作る必要があります。

そのためにはテーマを見付ける段階から話合ってもらえる
動画制作会社が良いでしょう。

ご相談から一緒にテーマを見付けていきたい場合には
ソラノウエクリエイティブワークスにご相談ください。

まずは資料請求からお気軽にどうぞ。

関連記事

  1. 動画制作ならソラノウエクリエイティブワークス

  2. 宣伝会議賞1次審査を通過しました。

  3. 地域プロモーション動画の作り方

  4. 会社案内ビデオの作り方

  5. インタビュー撮影で緊張を解くテクニック

  6. 物語の構成、起承転結の作り方

  7. ユーチューブCMを解析し、使える広告に。

  8. 面白いとはなんだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP