クリエイター流ギブの流儀

クリエイターがのし上がっていくための方法を紹介します。

クライアントは不安である

この前提から考えると良いと思います。
これがもし自分が発注する側だったらと考えるのも良いと思います。

何も無いところから作るという事に対する保証の無さは
お金を出すクライアントから非常に不安であります。

もしかしたらかけた予算が水の泡になるかもしれない。
そう思っています。

だからその不安を払拭するために出来ること
これが最初のギブではないでしょうか。

クリエイターがだせるギブの形

動画の案件ならば想像させてあげることです。
視覚的安心が重要です。

ただクリエイターとして不安が過ぎるのも事実です。
参考事例のようなクオリティーに達しないのではないか。
最初のスタートアップでは当然予想される事だと思います。

そこで大事なのは、その後の説明と説得になります。

予算を越えたアプローチ

最初は自分の予算に見合わないものでもトライすべきです。
それがギブになります。
そのギブが今後活きていきます。

直ぐに回収はできません。
それでも信頼と次の展開を描くのなら最初はギブする事が重要になるでしょう。
動画クリエイターとしてギブするなら
予算感を越えたクリエイティブ作業になるのではないでしょうか。

ムービークリエイターズスクール
動画コンテンツ制作者や動画クリエイター向けの講座を準備しています。
ほかにはないコンテンツを準備していますので
興味のある人は画像をクリックしてしてください。

関連記事

  1. ダビンチリゾルブの導入前、導入後のデメリットを考える

  2. センスを磨く方法

  3. 苦手を克服してきて分かったこと

  4. 【学校の先生向け】低スペックPCでも動画を扱う方法

  5. 法人向け営業戦略

  6. Canon EOS 5D mk3の撮影モードの変更、操作方法の解説

  7. Macbookpro16が素晴らしい件

  8. 動画クリエイターのための効率化術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP