プロフェッショナル風動画の作り方 シチュエーション編

プロフェッショナル風動画の作り方は簡単ではありません。

今回はシチュエーションをテーマに
それっぽい感じでプロフェッショナル風動画をどう作るか紹介したいと思います。

プロフェッショナルの面白さとは

プロフェッショナルの番組の面白さは、テーマの取扱い方やテーマの深掘り方、
構成が素晴らしいため、面白く感じます。

テーマの取扱い方は、どのような技がプロフェッショナルなのかを決めることから始まり
決めたテーマに合った動画が撮影できるか分からないと言った点も含まれています。

テーマへの深掘りについても、何週間と密着しなければ得られないシーンも多々あるでしょう。
そのため関係性作りも大切になります。
その上で撮影した動画や現在の状況を考えた番組の構成が必要になります。

それらを考えると、フレームワークだけで解決できるような簡単なものではありません。
熟練した技術や見識や感覚が必要であり、すぐに真似て動画作りを行うのは難しいのが現状です。

ですので、プロフェッショナル風の動画を作るといっても簡単ではありません。
なんとなく簡単に見えますが再現することが最も難しい動画と言えます。

難しいと手軽にする方法

それでもプロフェッショナル風の動画を作りたいと思っている方向けに
手軽にできる方法を考えた時に思いつくのがシチュエーションを真似ることです。

シチュエーションに内容はありません。
内容がないため、難しいテクニカルな内容や見識がなくても実現できる再現性の高さがあります。
しかし同時に、本質的な面白さを作っていくことはにはなっていないので

プロフェッショナルの感動感を作りたいと思っている人が、欲しいテクニックにはなりません。

プロフェッショナルで映っているシーンを真似ることで、実質的には見ている人に
プロフェッショナル脳内で補間してもらいながらイメージしてもらう形になります。

今回は難しい部分を排除し、誰でもそれっぽいプロフェッショナル風を作るをテーマにして
それっぽいシチュエーションを再現する方法を紹介したいと思います。

それっぽいシチュエーション

プロフェッショナル風を作る上で一つの軸になるのがそれっぽさです。
表面的なそれっぽさはシチュエーションが大部分を占めています。

シチュエーションを再現することで
プロフェッショナル風を簡単に作っていくことを目指します。

プロフェッショナル風動画の作り方

夜のドライブ

鉄板シチュエーションです。
夜運転中または、後部座席に座っている移動中の中で語られる本音感。
ワンシーンの中にあるとそれっぽさが増します。

夜である理由

夜は本音をこぼしやすいというイメージです。
当日の仕事の中で感じたこと、一仕事終えて感じることを想像しています。

その中で溢れる言葉は本音っぽく感じます。

本音っぽさはプロフェッショナル風の中では重要です。
誰しも建前があり、建前と本音の両面が垣間見えることで、人物の内面がより際立ち
視聴者の想像が深まっていきます。

夜で撮るべきコメント

仕事や取り組みについて感じることを話してもらいましょう。
感想の中に感じとれる本音感が大切です。

地域プロモーション動画の作り方

仕事現場でのコメント

仕事現場でのコメントも外せません。
可能な限り現場に近い場所というリアリティーが大切です。
プロフェッショナルは基本的には現在を軸に話しが進んでいます。

現在どのような働きをしているのか、何に取り組んでいるのか。
そこでは何を見ているのか。

現場でのコメントで感じるリアリティーを視聴者にイメージさせてくれます。

アイデア
・同寮が後ろで働いている姿が僅かに写っている
・重機やトラックなどの関係しているものが写り込んでいる
・現場近くを想像させる建物が写り込んでいる
・働いてる最中にコメントしてもらう
・会議室などから移動している最中

現場ではない場所ではどうなるのか

回想感が生まれます。過去の話を聞く分にはよいでしょう。
振り返りは落ち着いた場所でというのが多くの人が感じるイメージです。

プロジェクトXなどの番組では変わります。
プロジェクトXでは過去が主なテーマなので、過去に回帰するために
当時の写真や現地訪問などの方がそれっぽくなるでしょう。

プロジェクトXに学ぶ感動ストーリーの作り方

工場見学動画の作り方

休み

オンとオフを見せることで現場での活躍がより際立ちます。
休日の姿で、登場人物がどのようなキャラクターなのかが分かるような感じになります。

自由なコメントをもらうのがよいでしょう。
ここではかしこまってしまうと、シチュエーション自体が嘘っぽくなってしまうので
作り込んだコメントよりも自由さ、気軽さを重視する方が魅力的になります。

アイデア
・公園でのベンチ
・私有車での移動中
・海や山などの場所
・家族やペットと戯れる自宅

このよう形でシチュエーションの中でそれっぽいコメントをもらうことで
プロフェッショナル風の動画を作りだしていくことも可能です。

再現も難しくはなく場所を意識するだけで実現できるので
取り組みやすいと思います。

リクルート動画の作り方

偽物を本物にする技法

あくまでプロフェッショナルっぽさを作る方法です。
しかし、それっぽいを本物にする方法もあります。

その方法はコメントが本当の言葉で語られている時に限り本物になります。
シチュエーションはあくまで雰囲気作りです。

コメントも原稿を用意したものになれば偽物臭さが際立ってしまいますが

本当に心の底から感じていることが言葉になれば「それっぽさ」ではなく
本物のプロフェッショナルになることが可能です。

話すコメントが本音であることを大切にしていくことが
見る人を引きつける映像にしていくことができるでしょう。

そのような動画作りをしたい場合には

    電話でのお問い合わせ【10時〜18時】
    050-3567-5065

    メールでのお問い合わせ

    おふりがな(必須)

    会社・事業名

    電話番号(必須)

    映像制作に関するカテゴリーを選択して下さい。(必須)

    お問い合わせの概要に当てはまるものにチェックを入れて下さい。(複数選択可)
    お見積もりご相談制作内容に関して制作期間に関して制作依頼に関して納期に関してその他

    関連記事

    1. 宣伝動画の作り方 ブランディングのために必要なアイデア

    2. テンプレートの新しい活かし方

    3. 動画を内製化したい人のためのカメラ選び

    4. 小規模事業者補助金を利用した動画の作り方

    5. 動画の中でストーリーを作る方法

    6. 口コミマーケティングを活用する方法

    7. シリコンパワー全開 Appleは世界を金のなる木に替えられるのか。

    8. ASRMってなんだ!?

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    PAGE TOP