動画制作の内製化する前に知るべき3つのこと

動画制作ノウハウはたまらない?

動画は簡単に作ることができるのでしょうか?
結論、中堅以上のクオリティーの映像は難しい。

機材の進歩により動画を簡単に作る事が出来るようになりました。
しかし、クオリティーを上げるのは難しいのが現状です。

制作スキルを身につけるのは
動画のクオリティーを上げるためには
現場経験や専門知識が必要になります。

クオリティーを上げるには
・ライティング技術
・撮影ディレクションスキル
・構成スキル

動画制作は本来、総合技術の結晶です。
これらを短時間で習得するのは簡単ではありません。

動画制作はどのくらい費用がかかるのでしょうか?
また、素人でも作成することはできるのでしょうか?

動画を個人制作したいという場合
費用は安く抑えることができます。

個人制作のベメリット
・出来る事が限られる
・撮影時間が長くなる
・準備時間が長くなる
・現場の拘束時間が長くなる

内製化するためには
まずどのようなレベルのものを制作したいか検討しましょう。

内製化のための指標

内製化では注意しなければならないのは
動画の制作チームを編成するかです。

動画の制作チームを編成すれば、固定で人件費が掛かります。
更にスキルを学習する必要もあり、教育には時間がかかります。
機材の購入も必要となるので予算組みが必要になるでしょう。

ある程度、中長期の動画制作計画がなければ
外注で制作した方が得だと思います。

内製化のコスト
・人件費
・教育費
・機材購入費

外注と内製化の判断指標

月に2本以上制作する予定があるならば、内製化する方が得かもしれません。
参考価格帯は1本30万円の動画を制作した場合です。

クオリティーや内容面で価格帯には大きな差が出ますので注意してください。
内製化を検討している場合には専門家に相談することがオススメです。

制作したい動画の内容やスケジュールなどを伝え
内製化した方が得かを聞いてみましょう。

主要コンテンツが継続して配信する予定などある
場合、ノウハウの蓄積を検討している場合には
予算ベースではなくその後の展開で進めるのも
一つの内製化の判断材料になるでしょう。

内製化のための編成

チームによる制作体制が必要になる可能性が高いのです。

担当者1名では実施できない理由
・撮影は連携が必要
・学習時間が膨大にかかる
・準備時間ばかりが掛かりフローに乗るまで時間がかかりすぎる

必要人数としては2人〜4人程度の構成がよいでしょう。
2人いれば、被写体やライトのセットアップなどの準備が容易でき
テスト撮影なども行えます。

4人いれば、撮影間の編集作業も分担して行うことが出来るので
効率を考えると4人ワンチームで行うのが良いかもしれません。

動画制作にかかるコスト

動画制作の委託で、広告動画であれば
数十万円から数百万円で
動画を制作することができます。

この政策費用の幅は広告の企画案を含むか
含まないかの差や
出演するタレントの費用によって変化します。

動画を自主制作する場合

次に自社制作の場合です。
動画編集ソフトはサブスクリプションモデルと買い切りモデルがあり
買い切りモデルは3〜8万円程度
サブスクリプションモデルは年間5万円程度かかるでしょう。

動画を撮影するにも機材の費用がかかります。
撮影機材は一眼レフなどのカメラ、マイク、など
費用はざっと十数万円〜百万円といったところで
どれだけ機材を入れるかで変わるでしょう。

自主制作の場合、機材は調達さえすれば
それ以降何度も使うことができます。

継続して動画制作をする場合
編集ソフトや日々の技術革新があります。

そこで更新されていく知識として
動画制作の専門知識が必要となります。

また、特にVTuberのようにアニメーション動画では
専門の知識が重視されます。

VTuberではない限り、アニメーションは必要がないので
動画の作成費用を下げることができます。

ハードウェアの進化が早く
専門でやり続けない限り生かし切れない
動画コンテンツの作成の場合
継続して動画を更新していくには技術の革新があります。

そこで動画コンテンツを内製化する場合
専門知識を有した人が不可欠になります。

動画やアニメーションでは
素人が動画を内製化するよりも、
専門家に動画コンテンツの
作成を任せた方がしっかりした仕上がりになります。

自分が素人であるならば
自分で作成するより専門家に
動画作成を依頼した方が安心でしょう。

自分で動画を内製化した場合は
仕上がりに注意しなければなりませんが
専門家に任せた場合はその必要がありません。

だからコンテンツの内容のみに
注力することができるのです。

コンテンツの企画内容が大切

コンテンツを内製化する場合は、動画のクオリティもさることながら
より広告効果のあるコンテンツを作成するには
魅力的な企画をして
コンテンツを作り上げる必要があります。

アニメーションやエフェクトは
外注してしまう方が得です。

アニメーションには作画と色彩
エフェクトなど様々な作業工程があります。

自然な動画を作成するのに
手間と費用がかかるのです。

アニメーションが出来る社員を育てるのに膨大な費用がかかる

実写の動画でかかる人数はキャストや
編集も合わせて最低一人から作成することができます。

しかしアニメーションでは
作画担当や色の担当、自然な動きを作るための
モーションキャプチャー担当が必要になります。

アニメーションは人数が必要になるため、人件費で損をする

今でこそYouTuberやVTuberがトレンドになっていますが
それまではアニメーションといえば
アニメのことを指すといっても過言ではありませんでした。

その制作費用は、少なくて数千万円
多くてジブリアニメ窓の大型アニメ映画だと数十億円かかっています。

このように、アニメーションでは様々な工程を分担して
動画を作成するために、また様々な担当が関わるために
多大な費用がかかります。

ただし、いま人気が高いのもアニメーションなので
費用がかかるところは難しいところです。

コンテンツと内容が大事

そこで動画を制作するためには、誰に届けるのか?

広告のためなのか目的は?
主要なコンテンツにするのか
そして予算は?などが重要になります。

例えば主要なコンテンツとして一からアニメーションを
作り上げるのであれば
かなりの資金が必要になります。

そして広告する目的の物なら
外部に外注した方が安くなります。

これはコンテンツのクオリティーは
蓄積された技術によって出来上がっているためです。

動画のSEOはどこまで生きるのか?

十数年前にトレンドになったアフィリエイト型広告ですが、
その広告効果は年々影響力を減らしてきていると言われています。

そのアフィリエイト型広告の代わりに台頭してきたのが
動画コンテンツのマーケティングです。

それを応用しているのがYoutuberやVtuberです。
今ではアフィリエイトよりも動画作成の方が
広報や広告能力が高くなってきています。

そのうちにTVよりも広告効果が
高くなるかもしれません。

宣伝効果で気になるところがGoogle検索のSEO対策でしょう。

アフィリエイトや記事内容よりも
重要視され始めた動画マーケットですが
Google流入が気になるところです。

実は今、Google検索でも
動画を重視するようになってきています。

最近は何か検索してみると
まず先に出てくるのは動画であることも多くなってきました。

その時にもSEO対策でキーワードを動画タイトルに入れるという
SEO対策は重要なのですが
そこで一番のSEO対策と
言われているのがコンテンツの内容です。

今はGoogleからの流入だけが重要なのではありません。
FacebookやTwitterといったSNSからの
口コミといった広告効果がいまだに健在です。

そこではマーケティングの効果や
ブランディングの効果も見込めます。

また、口コミの効果は絶大です。
ブランディングとして
または広告効果を期待するにも実際の個人に支持されて
共有されるということは貴重なことです。

そんな価値のあるSNSの口コミにおいて
重要なのが動画コンテンツの面白さ、魅力なのです。

Google検索でも流入は見込めますが
より世間に広がりやすいのはSNSのマーケティングです。

逆にいえば、制作コストを下げ
独自の魅力的なコンテンツを作成することも可能です。

話題性のあるコンテンツを作成し
広く世間に知られることがマーケティングの
成功につながるといっても過言ではありません。

心理学の応用「単純せ接触効果」とは

実はここで心理学の知見が応用されています。
その心理学の知見とは、単純接触効果のことです。

口コミで動画を共有することができれば
心理学の効果の単純接触効果によって
広告対象やコンテンツに対して愛着や良いイメージを
直接商品やブランドイメージに結びつけることができるのです。

単純接触効果部具体的な効果とは
「繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果」のことです。

SNSなどの特定の集団のコミュニティにおいて
口コミで広がることによって、何人かが動画コンテンツに反応します。

すると広告やコンテンツに触れる機会が増加することによって
広告の効果がアップします。

また、気の知れた人が興味を示しているので
自分も動画コンテンツを好意的な
イメージ
で見ることになります。

単純接触効果は対人関係の構築にも使われる効果です。
その単純接触効果を広告でも使うことができれば
宣伝効果が抜群なのは間違いなしです。

単純接触効果 Wikipedia出展
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E7%B4%94%E6%8E%A5%E8%A7%A6%E5%8A%B9%E6%9E%9C

関連記事

  1. ウイスキーCMから考える。買いたくなる映像の魔法

  2. CMと広告の意味、在り方とは

  3. CMフレーズから考える効果的な演出と戦略

  4. 商品プロモーション動画の作り方

  5. 動画CMを作るために必要なこと

  6. コーヒーCMから研究した売れる映像の作り方

  7. ストーリーってなんだ

  8. 宣伝会議賞で通用するキャッチコピーの作り方を考えた。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP