動画クリエイター向けアイケア/TERASOブルーライトカットメガネレビュー

動画クリエイターは目を酷使しています。
ですので今回は動画クリエイター向けのアイケアの話しとレビューを紹介したいと思います。

目のダメージ

動画クリエイターはモニターを見ている時間が長いです。
動画編集ソフトのUIは専門的で細かい文字や項目の設定が多く
目を凝らしながら作業しなければならないことも多々あります。

そして動画クリエイターとして動画の編集時間は
長い時間かかってしまうため必然的に
長時間モニターを見ていなければなりません。

すると目のダメージはどんどんと溜まり
眼精疲労や心理面でも影響を及ぼしてしまいます。

【第2類医薬品】Vロートプレミアム 15mL

眼精疲労は睡眠の質にも影響する

眼精疲労が強く出ると頭痛がする場合があります。
脳が痛みを発しているのか、目が問題なのか分かりませんが
目の奥の筋肉が緊張状態なのかもしれません。

鈍い刺さる痛みが脳でするようになっているのなら
眼精疲労かもしれません。

このような状態になると睡眠の質も下がっている印象でした。
眠っているのに、あまり回復したような感覚が得られない。

モニターを見ようとすると、モニターの光を嫌うように
見ていられない感覚に陥ることがありました。

ブルーライトが覚醒を誘発しているのかもしれませんが
眠っている間でも時々意識があったり、ちょっとしたことで
起きてしまうような状況だったと思います。

このような状態が続いてしまうと、日中に眠気を感じるようになり
仕事を進めるのがより難しくなっていきます。

しっかりと睡眠時間を確保しているのに睡眠不足を感じ
焦りや不安、心理的プレッシャーがかかるようになり悪循環です。

この状況を解決するためにアイケアは大切なのではないでしょうか。

動画クリエイターのための効率化術

私の体験談

常にモニターを見続けることが多いのですが
心理的プレッシャーが掛かっていた時で
仕事もそれ以外のこともバタバタしていて
精神的にもよくない時でした。

その時は、すでに睡眠の質が下がっていて
様々な着信に心拍数が上がってしまうような
恐怖を抱えている状態でした。

そんな中でもやらねばならない作業を進めようとしていたのですが
モニター見ているのが辛い状況で1時間モニターを見ただけで
頭痛に近いものと気持ち悪さを抱える状態でした。

そのような状況なので少し休んでは
作業を進めるといった状況で、スピードは非常に遅いものでした。
客観的に見れば、一度しっかりと自分自身を整え直さないとダメな状況なのですが

心理的プレッシャーが掛かっていて「作業をしなくちゃ」という
焦りで他のことを考えられないような状況でした。

結局、その後にパンクしてしまうのですが
その時の回復にブルーライトカットのメガネは役立ちました。
ブルーライトカットのメガネを新しくしたのです。

今までもブルーライトカットメガネを使用していたのですが
ブルーライトカットメガネが流行し始めた初期のものだったので

色合い黄色がかってしまい動画の編集には向かないため
段々メガネをかける習慣がなくなってしまったのです。

そこで回復させていくためにもメガネを新調しました。
ブルーライトカット率が高く、色があまり変わらないものにし

身体をケアできる状況に切り換えました。
お陰でカラーのチェック以外は
ブルーライトカットメガネをかけて作業が出来るようになり目のダメージも減り
睡眠の質も戻すことができるようになりました。

そんなこともあったのですが、最近新しいメガネにしました。

効率化を極めたら、落合陽一と同じ環境だった

メガネ黴びる

日本人は他の国の人に比べて、目から水分を多く発します。
自分の使っていたメガネの鼻パッドは金属製で
メガネフレームの樹脂部分を金属のネジ止めの形式だったのですが
着用感は良かったものの毎日使い続けていたためいつの間にか黴びていました。

そのことに気付いたのが最近です。目が痛いと感じるようになる機会が増えました。
眼精費用用の目薬を差していたのですが、効果を得られなく感じ困っていたある日
メガネを見てみると、パッドの裏の金属部分が黴びていたのです。

すぐにカビを除去したのですが、ネジ部分や樹脂との接合部の裏までカビが浸透していて
どうしようもない状況だったのでメガネの買い換えを行いました。

TERASO【最新改良】ブルーライトカットメガネ おしゃれ【眼科検査技師推薦】超軽量 JIS規格 43% UV99% Tr90 パソコン用 だてめがね

TERASOブルーライトカットメガネ

毎日つけるものだったので、こだわりたいと思いました。
性能は高いもので色の変色がすくないものが条件でした。
もう一つはかけ心地です。

メガネなので、頭部の側面が締め付けられるようなものは
長時間掛けていると、疲労や頭痛の原因になるので避けたいという思いがありました。

TERASOブルーライトカットメガネは
ブルーライトカット率が43%でUV、HEVのカット率99.9%というメガネです。
ブルーライトのカット率はそれほど高い数値ではないのですがUVとHEVのカット率の
高さが秀でています。

UVは紫外線ですが、紫外線は目にダメージを与えます。
光にはエネルギーがあり高いエネルギーのものは目の柔らかい部分にダメージを与えます。
紫外線は屋外で太陽などの光だけと思っているかも知れませんが
PCのモニターも紫外線を発しています。

そのため紫外線対策は重要だと感じています。

HEVは、目に見える光で目にダメージを当たる部分のことを指しています。
紫外線は人の目ではみることのできない波長のエネルギーです。

HEVは可視光(目に見える光)であり、光の中でも強いエネルギーをもった部分をHEVとして
これをカットする機能を持っているのかも注目されるようになりました。

HVEはブルーライトと呼ばれる部分なのですが
ブルーライトがHEVに含まれるのかそれとも別のブルーライト領域なのか
この辺りはメーカーごとの表現や考え方がありバラバラだと思うので
HEVのカット率を優先して考えるのが良いのではないでしょうか。

これらのカット率が高いメガネは長時間モニターを見ていても
目にダメージを与えづらいメガネだと言えます。

動画編集ソフトはダビンチリゾルブが優秀なのでお勧め

かけ心地

最初届いてかけた時はややキツい印象を受けました。
フレームは樹脂で出来ていてサイズ調整できるような機能はありません。
ノーズパッド部分もメガネのフレームと一体型なので、フィット感が気になっていました。

現在2週間ほど使用していますが、フレームのきつさやノーズパッドのフィット感は
気にならなくなりました。

使っている内に多少は馴染むのだと思います。
樹脂フレームを使っているので重さを感じにくく
その点がフィット感を生んでいるのではと感じます。

レンズの感じ

動画クリエイターとしてメガネをかけた後の映りがきになるのではないでしょうか。
このメガネの最も良いと感じている部分が、色の変化の少なさです。
ブルーライトカット率が43%なので大きな変化はないと思っていましたが
かけてもぱっとみは気にならない感覚です。

色の変化よりも若干彩度が落ちるような印象で色のバランスが崩れるような見え方はしません。
若干は彩度が落ちているように感じるので、色のチェックなどの場合は
メガネを外して作業する必要があるでしょう。

TERASOブルーライトカットメガネの気になるところ

レンズ内側が反射して両端の反射光は気になります。
レンズがそれほど高いレンズを使用していないからだと思いますが
反射をおさえるコーティング処理はされていないようでした。

そのため、座っている背面が窓で太陽光が入るような場所や
部屋の蛍光灯などが悪い位置にある場合には
レンズ内側が反射して両端に写り込みが発生します。

この辺りは掛けていて気になる所でした。

【学校の先生向け】低スペックPCでも動画を扱う方法

疲れの軽減具合

目の疲れは感じづらくなりました。
効果的にブルーライト部分をカットしダメージを
軽減させてくれているのだと思います。

目が気になって困るという状況には現在なっていません。
メガネ全体が軽いのもあって、メガネ着用している疲労感や
ストレスも少なく感じます。

TERASOブルーライトカットメガネレビュー

気になるところもありますが、総合的にとても良い商品だと思いました。

評価のポイント
・価格は高くない(ブルーライトカットメガネとしては平均より少し高いくらい)
・目が疲れにくいのを体感できた
・性能が高いHEVのカット率
・軽さ(ストレスの軽減に繋がっている)

この辺りが良いポイントでした。
動画クリエイターなら一つ持っていてもよいのではないでしょうか。

SONICER ホットアイマスク 蒸気 軽量 遮光 睡眠 USB 電熱式 4段階温度調節 タイマー設定可 繰り返し使用可能 温冷両用 かわいい 恋人 母 誕生日プレゼント 仕事/勉強/昼休み/旅行/出張用 ギフトケース包装

関連記事

  1. 動画内製化のためのパソコンの選び方

  2. マイクの指向性とは

  3. クリエイターの成功速度について考える

  4. クリエイター流ギブの流儀

  5. 効率化を極めたら、落合陽一と同じ環境だった

  6. ビデオ用のレコーダーの最適なセットアップとは

  7. ダビンチリゾルブの有料版で楽出来ること

  8. クリエイター向け営業戦略〜知人編〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP